海外冒険記
   〜Big love from Kanak0〜
ホーム  >  スペインの冒険概要  >  バルセロナの思い出達
SPAIN Barcelona
スペインは、ヨーロッパ南西部のイベリア半島に位置し、同半島の大部分を占める立憲君主制国家。

国土は、西にポルトガル、南にイギリス領ジブラルタル、北東にフランス、アンドラと国境を接し、
飛地のセウタ、メリリャではモロッコと陸上国境を接する。

首都は、マドリード
バルセロナの方が有名ですよね?
スペイン<バルセロナ>での思い出達を下記に記載しようと思う。
グエル公園
バルセロナといえば、アントニオ・ガウディ
限られた滞在日数で、マドリードではなくバルセロナを選んだのは、ガウディの有名な建築物達を見たいと思ったからである。
グエル公園は、1984年に世界遺産に登録された
アントニオ・ガウディの作品群の1つである。

ガウディとグエル(施主)がこの場所に、
人々が自然と芸術に囲まれて暮らせる新しい住宅地を作ろう!
と計画し、作ろうとしたが、
2人の進みすぎた発想と自然の中で暮らす価値観が理解されなかった。
当時買い手がつかず、後に市の公園として寄付された。という場所である。

市内からはちょっと距離があり、さらに坂を登る。
ちょっと大変だけどそこからバルセロナを一望できるので観光として行くにはめっちゃイイスポットです!
確かに住むのはしんどいかもね!

カテドラル
ゴシック地区

カタルーニャ音楽堂

20世紀初頭のバルセロナで、ガウディ以上に名声を博した
天才建築家、ドメネク・イ・モンタネールの最高傑作
といわれている。
現在もコンサートホールとして使用されている。
時間があったら、ここでオペラとか聞いてみたかったなぁ〜〜〜。

建物正面には、花模様のモザイクタイルや彫刻が施されており、
大ホールには、色鮮やかなステンドグラスシャンデリアで飾られいる。
ドメネクの美への追求が感じられる。

ここは、大々的にガイドブックには掲載されていない場所だが、世界弾丸トラベラーでクリスタル・ケイが訪れていて、 それを見て私も行ってみたいと思っていたので、今回行ってみたというわけである。

ゴシック地区から、歩いて10分程度のところにあるので、時間があれば是非外観だけでもみてほしい!

サグラダ・ファミリア教会
サグラダ・ファミリア教会は、聖家族贖罪教会という正式名所を持つカトリックのバシリカ である。

バルセロナのシンボルにもなっている。
綿密に構成された象徴詩的なシンポロジーと共に、放射線状の構造のアーチや、鐘楼に据えられた自然主義と抽象主義の混在する彫刻などで、大胆な建築様式を誇っている。

また、スペインで有名なアルハンブラ宮殿やマドリッドのプラド美術館を抜いてスペインで最も観光客を集めたモニュメントである。

カサ・ミラ
もちろんこの建物も、ガウディが手掛けた建築物。
徹底的に直線を排除し、ゆがんだ曲線を主調するこの建物は、
テーマは、である。

少しこの写真ではわかりづらいが、屋上に煙突があり、
山の尾根から突き出た峰々を表している。

カサ・バトリョ
グラシア通り
この建築物のテーマは、である。

カサ・ミラから徒歩3分程度の所に建っている。

外壁に埋め込まれた色とりどりのガラスモザイクは、海面に光が乱反射しているかのように輝いている。

屋根の屋上の煙突は、煙が風に揺らぎながら上る様子を表している。

カタルーニャ広場から北西に延びるのがここ
グラシア通り
パリのシャンゼリゼ通りみたいな感じで、
高級ブランドショップやが立ち並んでいる。
日本でいうと表参道や銀座的な場所である。

ただ、歩道にはガウディがデザインした敷石が敷かれており、ウインドウショッピングだけでも楽しい!

このグラシア通り沿いに、
カサ・ミラカサ・バトリョもある。

LOUIS VUITTON
======================================================
T.タンブール クォーツ305,550【円】
  (2,030【ユーロ】≒202,269[円]※1)
U.キーポル・バンドリエール55137,550【円】
 (965【ユーロ】≒96,153[円]※1)
V.ポエシPM202,650【円】
 (1,410【ユーロ】≒140,492【円】※1)
Σ645,750[円]
 (4,405【ユーロ】≒438,914【円】※1)

となりますが、旅行者には税金が免除される※2 ので
− TAX refund=562【ユーロ】 (≒55,998[円]※2)
日本で購入した場合、645,750【円】かかりますが、
382,916[円]で、3点GET。
======================================================


※1:2011年12月31日現在の為替レートを記載。
※2:タックスリファウンド制度利用。