海外冒険記
   〜Big love from Kanak0〜
ホーム  >  トルコの冒険概要  >  トルコの思い出達
TURKEY Istanbul,Cappadocia,Ankara
トルコは、西アジアのアナトリア半島と東ヨーロッパのバルカン半島東端の東トラキア地方を領有する、アジアとヨーロッパの2つの大州にまたがる共和国である。

トルコに行こうと思った理由は、
今まで30カ国以上行っている旅行好きな友人が、トルコが1番良かった!
と、言っていたからである。
トルコは広大なエリアを有しているので、1度の旅行で全ての観光名所を網羅するのは難しい。
(※サラリーマンは頑張っても10連休が限界のため。)

今回は、イスタンブール、アンカラ、カッパドキアへ訪れることにした。


スルタンアフメト・モスク
アヤソフィア
スルタンアフメト・モスクは、イスタンブールを代表するモスクであり、ブルーモスクとも言われている。
オスマン帝国の第14代スルタン・アフメト1世によって1609年から1616年の7年の歳月をかけて建造された。

内部には、青い装飾タイルやステンドグラスで彩られている。
イスタンブールの街並み
イスタンブールは、アジアとヨーロッパを併せ持つ都市である。
夜は、クラクションの音で寝れない位!
すごくにぎやか(笑)
ボスポラス海峡
イスタンブール中央に横たわるのが、街をアジア側とヨーロッパ側のふたつに分断しているボスポラス海峡である。
東西の文化が交わる要衝として、古くから街の繁栄を担ってきた。

イスタンブールからアンカラへ
ハイダルパシャ駅 アンカラ・エクスプレスの車窓から アンカラ・エクスプレスにて、9時間30分かけてイスタンブールからアンカラへ移動。
アンカラ・エクスプレスは、トルコ国鉄(TCDD)で最も重要な幹線となっており、毎日7〜9往復の客車が運行されている。
列車内での食事 アンカラ駅 ☆アンカラ駅到着☆
これから、カッパドキアへ→GO☆GO★

カッパドキアの岩窟群
親子岩
ラクダ岩
親子岩の中に妖精が住んでいるという言い伝えから
妖精の煙突とも言われる。
風や雨の浸食によって自然に出来上がった奇岩。
2000万年前は、海の底だった場所である。
暗闇の教会
ここは、イスラム教徒による迫害を逃れてキリスト教徒が造った、岩窟教会である。
11世紀に建造され、キリスト教徒の生涯を描いた色鮮やかなフレスコ画が残っていて、保存状態が良いとして知られている。
カイマクル地下都市
カイマクル地下都市は、ヒッタイトによって造られ、その後キリスト教徒がアラブ人の迫害から逃れるために地下に移り住んだ、と言われている。
1964年に発見され、地下8階まである。
地下7階には教会があるそうだが、一般公開されているのは地下4階までである。

グランバザール
ツアー参加者
トルコ旅行のツアー参加者達と最後に、
アタチュルク空港で撮影☆
約7日間も一緒にトルコを巡った仲間達。
みんなアクティブ。
また、世界のどこかでお会いしましょう!
※断りなく掲載しましたが、許してちょ♪♪
BACK NEXT