海外冒険記
   〜Big love from Kanak0〜
EGYPT Cairo,Giza
エジプト・アラブ共和国は、西にリビア、南にスーダン、北東にイスラエルと隣接し、北は地中海、東は紅海に面している。
南北に流れるナイル川の河谷とデルタ地帯のほかは、国土の大部分が砂漠である。
ナイル河口の東に地中海と紅海を結ぶスエズ運河がある。

エジプトは豊かなナイル川のデルタに支えられて世界四大文明のひとつである古代エジプト文明を発展させてきた。

エジプト人は紀元前3000年前頃には早くも中央集権国家を形成し、ピラミッドや王家の谷、ヒエログリフなどを通じて世界的によく知られている高度な文明を発展させてきた。

ギザの三大ピラミッドを間近で見てみたい!
と思い、母親とエジプトを訪れた。
エジプトの冒険内容

エジプト考古学博物館
カイロの街並み
エジプト考古学博物館には、ツタンカーメン王の王基から発掘された黄金のマスク、黄金の玉座をはじめ、カフラー王座像、ラムセス2世のミイラなど、古代エジプトの至宝が展示されている。
ミイラを見学した。

シタデルにて
サラーフ・サーリム通りの小高い丘に、巨大な城壁シタデルがある。
シタデルの中には軍事博物館やオスマントルコ時代の建物など見どころが多数ある。

このシタデルは、十字軍を破ったアイユーブ朝の創始者サラディンが1176年に対十字軍の拠点に建設した城塞である。


エジプトいろいろ
ホテルの屋上から・・・ ホテル周辺 エジプトに行くと、海外に来た〜
という感覚が味わえる。
人々の生きるエネルギーを間近に感じることができるだろう。
運転手さんと ハンハリーリ市場

ギザにて
ピラミッド建築の頂点とされるクフ王のピラミッドである。
世界の七不思議で唯一現存する建造物である。